ホーム 会社案内 フィルター関連 流体制御関連 お問い合せ

会社案内

会社情報
会社名 東京フィルター販売株式会社
代表取締役 小野裕幸
所在地:本社 〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2−20−14
TEL.03-3425-3351   FAX.03-3425-5633
    :横浜工場 〒223-0056 神奈川県横浜市港北区新吉田町133
TEL.045-593-0751   FAX.045-593-0438
資本金 1000万円
設立 1970年 4月
業務内容 流体処理関連商品の販売および製造
取扱品目

液体用フィルター、空調用フィルター、イオン交換樹脂、ポンプ、冷却水循環装置、その他流体処理関連装置

アクセス:本社
最寄駅:東急田園都市線:桜新町下車徒歩7分
 ページトップへ
アクセス:横浜工場
最寄駅:横浜市営地下鉄(グリーンライン):東山田駅下車徒歩10分 
 ページトップへ
※地図ソフトはGoogle mapを利用させていただいています 
沿革
1970  CUNOの代理店として創業。キュノ・フィルターの販売を始める。
1972  (株)岩谷電機製作所の砲金製ポンプの販売を始める。
1975 CUNOが電気的吸着効果をもつろ過材「ZETAPLUS」を発表。
(株)キラテックのステンレス製ポンプの販売を始める。
YAGレーザ加工機用冷却水循環装置を受注、三栄技研(株)に製作を依頼し納入。
 以後各機種を標準化し、YAGレーザ加工機のメーカー各社の標準付属装置としてご採用いただく。 
1977 東京都北区に営業所を開設。 
1979   水処理メーカーのご協力により、ボイラー復水用フィルターの技術を確立。
1980  X線分析装置用冷却水循環装置を受注。
1981 CUNOが電気的吸着効果をもつナイロン66製のメンブレンフィルター「ZETAPOR」を発表。
 以後、半導体関連産業各社でご採用をいただく。
大型CO2レーザ加工機および、レーザメス用冷却装置を受注。
CO2レーザ加工機用の真空排気ユニット、およびガス供給ユニットの設計、製作を開始。
冷却水循環装置の販売業務の拡大と上記の設計製作に伴い、この部分を分離独立させ「三栄機器株式会社」を設立。 
1985 放電加工機、およびワイヤーカット加工機用フィルターエレメントの販売を開始。
CUNOがポリプロピレン製メンブレンフィルターを発表。
現住所に本社社屋を建設。事務所と倉庫を同一場所におき、サービス体制の強化をはかる。
1986 MRI用冷却水循環装置を受注。
1989 横浜市港北区に工場を新設。
放電加工機、ワイヤーカット加工機に付属する加工液タンクユニットの製作を開始。
 同時に、レーザ加工機用集塵機などの設計製作も始める。 
1994  空気清浄機、吸殻掃除機の製造を伴い、工場を拡張するため移設。
1996  ビル空調用フィルターの製造を開始。
2000 ビル空調分野以外のフィルターの受注を開始。
2005 CUNOが3M社の傘下に入る。
2007 東京キュノ販売株式会社から東京フィルター販売株式会社へ社名を変更。
 ページトップへ